ホーム支部連絡

支部連絡

高齢者の運転免許証更新について

運転免許更新時に受けなければならない認知機能検査(75歳以上)と高齢者講習(70歳以上)で、実施している自動車教習所の受け入れ容量が足りておらず、予約が取れずに免許を失効する恐れが生じています。実際に都内の個人タクシーでは更新が間に合わない人が出たという情報もあります。3月の制度改革で、75歳以上の人は検査の結果によつて2時間の講習か、3時間の講習かに分かれることになっています。そのため今までのように1日で終わるのではなく、検査をした日に講習を予約し、別日にもう一度、教習所に行く方式に改められた地域が多くなっております。検査を期限内に済ませても、講習が間に合わなければ免許の更新はできないので、なるべく早く検査を受ける必要があります。

検査と講習は更新期限の6ヶ月前(誕生日の5ヶ月前)から受けられるようになっており、その時期に検査と受講を呼びかけるハガキが届きます。更新が迫つてから慌てて予約をしようとしても、現状では間に合わない可能性が高いですので早めに予約を心がけるよう宜しくお願いします。

要望カード入れ替えについて。

旧カード(ふじ色)を、新カード(クリーム色)に必ず入れ替えてください。

トヨタ友の会

29年度、申し込み受け付けを開始してます。

年会費\3,800 支部窓口で。
ページの先頭へ